福岡の情景
運河の情景


小平市の情景


東京から福岡に引っ越してから丁度10年の2003年6月5日、初めて前住んでたところを訪れてみました。

10年経って、JR中央線の武蔵小金井駅はすっかり様変わりしてましたが(ロータリーなくなってたしね)、住んでたところまでバスで行くと…

何も変わってなかったです。

住んでたのは、結構広い敷地に団地が20棟近く建ってて、公園や空き地が点在してる場所だったんですが、付近の公園では、昔あった箱型ブランコがなくなってたり(最近事故が相次いでいるせいでしょう)、貯水塔のあった場所が駐車場になってたりしましたが、大きな違いはそのくらい。
行く前は、結構古い団地だし(引っ越した時点で築50年といわれていた)、東京にしてはありえないくらい空き地が多いし、もう取り壊されて別の大きなマンションが林立してたりするんじゃないかとドキドキしながら行ったんですが、予想以上に何も変わってませんでした。

…というか今は本当に2003年ですか?
本当に、1993年にタイムスリップしたような感覚さえしました。

昔よく行った近所の八百屋、床屋にも行ってみました。 これも、まだやってるかな〜、くらいの感覚で行ったんですが、まだやってるどころか、二人とも自分のことを覚えててくれてて嬉しかったです。
というか八百屋さん、親戚がどこに住んでるかまで覚えてたんですが(^^;。

また数年後に行ってみたいと思ってます。

それにしてもここは本当に東京なのかなぁ?
JR武蔵小金井駅です。通学路だったので毎日のように通ってましたが。ここだけは完全に変わってます。
空き地です。よく野球とかしてました。
建物の中。ドアの色は変わってたけど…それくらい?
階段にはなぜか消えることがない足跡がついてます。ていうかめりこんでます(中央と右下)。それでいいのか施工業者。
階段の前。
とても東京とは思えませんね。
近所の林。よく遊びました。カブト虫を取りに行ったことも…
結構な坂道ですよ。大きくなったので余計滑りそうでした。
中。今ここでカブト虫が取れたら高値で売れるかなぁと…嘘ですごめんなさい。
2003.12.22